レッドオーシャン化する『バーチャルYouTuber』ビジネスを読み解く

『バーチャルYouTuber』をご存知だろうか?バーチャルYouTuberとは、YouTubeに動画を投稿しているバーチャルキャラクターのこと。人間ではなく、CGで作られたキャラクターのYouTuberだ。

今ではYouTuberの中でも上位に位置する『バーチャルYouTuber』は、果たしてどのようにして生まれ育ってきたのか?そしてそのビジネスに投資を続ける企業について独自の視点読み解いていこう。

バーチャルYouTuberの誕生

レッドオーシャン化する『バーチャルYouTuber』ビジネスを読み解く2

バーチャルYouTuberという文化は、日本で誕生した。2016年12月1日にチャンネルを開設したのが、日本初のバーチャルYouTuberとなった、キズナアイが演者を務めるA.I Channelだ。

バーチャルYouTuber四天王

2017年には、キズナアイのブレイクの兆しを感じた企業や個人など様々な人たちがバーチャルYouTuberとして参入している。なかでも特にバーチャルYouTuberブームに大きく貢献したのが、キズナアイと、当時四天王と呼ばれていた4人の合計5人である。

輝夜月

チャンネル名:Kaguya Luna Official
バーチャルYouTuber:輝夜月
チャンネル登録者数:784,496人
提供:輝夜月チーム(企業)

電脳少女シロ

チャンネル名:Siro Channel
バーチャルYouTuber:
チャンネル登録者数:522,228人
提供:株式会社アップランド(企業)

ミライアカリ

チャンネル名:Mirai Akari Project
バーチャルYouTuber:ミライアカリ
チャンネル登録者数:639,215
提供:ミライアカリプロジェクト(企業)

バーチャル狐娘Youtuberおじさん

チャンネル名:バーチャル番組チャンネル
バーチャルYouTuber:バーチャル狐娘Youtuberおじさん
チャンネル登録者数:279,103
提供:のじゃロリおじさん(個人)

※チャンネル登録者数は2018年8月8日時点

キズナアイもActiv8株式会社というベンチャー企業が提供しているが、バーチャルYouTuberは、個人より企業が営利目的で展開するケースが多い。さらに、バーチャルYouTuberのランキングを運営している株式会社ユーザーローカルが2018年5月に発表された情報によると、バーチャルYouTuberの数は3,000人を突破し、前月から1,000人増のハイペースで増えているそうだ。

チャンネル登録者数の総数も1,000万登録を突破しており、YouTuber全体の中でも大きな頭角を表していると言えるだろう。

まとめ

2016年にVR元年と言われ、OculusRift、HTCVivve、PSVRなどが登場したが、普及は鈍化していった。その原因は、ハードの購入価格や体験スペースの確保など様々なハードルがあったことに加え、キラーコンテンツが生まれなかったことにもあるだろう。

海外ではソーシャルVRプラッフォームに火がついてきており、仮想オフィスを運用する企業も登場している。そのような世界の流れの中で、バーチャルYouTuberは日本発のキラーコンテンツだと言えるだろう。バーチャルの中のアイドルや、お笑い芸人、歌手、ニュースキャスター、そして将来的には政治家などが登場する日も来るかもしれない。

今のバーチャルYouTuberビジネスは、2007年から始まったソーシャルゲームブームの始まりにも似ている。ソーシャルゲームプラットフォームGREEのグリー株式会社がバーチャルYouTuberビジネスへの100億円の投資を発表するなど、各方面で大きく動き始めているのである。

今後さらにレッドオーシャン化が想像されるバーチャルYouTuberビジネス。2年後、3年後には、それを基盤いして上場する企業も出てくるのではないだろうか。

関連記事

『ポケモンGO』に勝つ事はできるのか?『妖怪ウォッチワールド』戦いの厳しさ
日本のゲーム業界を侵略するオンラインFPSゲーム「PUBG」とは?
誰もが知る人気ゲーム『スーパーマリオブラザーズ」シリーズ!愛されタイトルの歩み
スマホ&タブレット:いま旬のおすすめゲーム5選
任天堂switch&3DSソフトのおすすめはこれ!人気ゲーム5選
任天堂Switch PSVR 品切れ続出の人気ゲーム機の販売戦略を振り返る
VR市場は今後どうなる!?VR元年から見えるVRの夜明け