今さら聞けない!?ビットコインとは?

このところ、ビットコインに関するニュースが世間を騒がせる機会が多くなってきた。しかし、「ビットコインについてよく耳にはするものの、どういうものなのか実はわかっていない」という方も多いのではないだろうか。そこで、今回はビットコインの基本的な部分を解説していこう。

ビットコインとは?キャッシュとの違いは?

ビットコインは「コイン」という名称はついているが、実態がある「もの」ではない。仮想通貨・暗号通貨とも表現されることからもわかるように、普段私たちが使用している現金(紙幣・貨幣)とは、その性質は全く異なるのだ。

ビットコインは、一言でいえば「デジタル上の通貨」。ゲーム内で使用できるコインを購入する感覚に近いと言うとわかりやすいだろうか。ゲームの場合にはそのゲーム内での使用しかそのコインを使用できないのが通常であるが、ビットコインは世界中に利用者がおり、使用することが可能。保管・保有数の管理・送金などは、すべてデジタル上で行い、単位はBTCで表わし「0.5BTC」「10BTC」などのように用いられている。

日本円などの通貨からの交換・商品やサービスとの交換・寄付により受け取ることができるが、個人情報などの重要な情報が外部に漏れることがないという点も、ビットコインが支持されている理由の一つだ。

ビットコイン=投資というイメージは正解か?

ビットコインには「発行上限枚数」というものが設けられている。そのため、今後ますます希少性が高くなることが期待され、投資対象としても注目が集まっている。それもあって「ビットコイン=投資」とイメージする方も多いかもしれないが、実は日常生活をより豊かにするツールでもあるということをご存知だろうか。

海外旅行先で買い物を例に挙げてみよう。外国で買い物をするには、両替可能な場所を探し、手数料を支払って日本円からその国の通貨に両替をする必要がある。しかし、ビットコインが使える場所であればその手順が省略され、スムーズに買い物をすることができるのだ。ビットコインは、経済活動をより円滑に進めるための仕組みとも言えるだろう。

ビットコイン相場の今後を考察

現在、仮想通貨の中でも世界最大の時価総額を誇るビットコインが世界共通の通貨になる日も、そう遠くないのかもしれない。「上限に達したら価値が下がるのでは?」と不安なイメージを持つ方もいるかもしれないが、現在のところ「相対的な価値は下がることはない」という説が有力だ。その一番の理由として、国家が発行する通貨とは異なり、追加発行がない点が挙げられる。

しかしその反面、国が保証してくれる通貨ではないため、破綻リスクなどが伴うのも事実だ。また、価値の変動によるリスクも考えられるだろう。ビットコインの保有・投資を検討する際には、しっかりと知識を身につけ、リスクについても十分理解しておく必要があると言えるだろう。

関連記事

Fintech時代到来!日本から現金がなくなる日は来るのか!?
Fintechが実現する金融サービス:新時代のキャッシュレス決済とは?