子どものスポーツメンタルを強化!親子で取り組む目標設定方法

スポーツ選手にはメンタルが重要です。本番で、特にピンチの場面でも強い気持ちを持ち続けるためには、メンタルの強化が必要です。では、メンタルはどのようにして強化したら良いのでしょうか。

今回は、キッズアスリートのメンタル強化のために、親子で取り組む目標設定方法をご紹介します。

子どものスポーツメンタル強化で重要なのは?

スポーツ選手のメンタル強化で重要なのは、自信です。

大事な試合の時に不安箇所がないこと。
場の空気に呑まれず、いま自分がすべきことに集中できること。
できることは全部やったから後は実力を発揮するだけ!と、自分を信じられること。

その自信につながるのが、目標達成の積み重ねです。1つ目の目標を達成し、2つ目の目標を達成し、、と、1つずつ目標を達成していくことが、自信につながるのです。

子どものスポーツメンタルを整える目標設定方法

子どものスポーツメンタルを強化!親子で取り組む目標設定方法

では、自分に自信を持つためにはどのような目標を設定し、どのように達成していけば良いのでしょうか。

将来の目標+課題目標を設定する

目標を設定する際には、将来の目標と課題目標の2つを設定します。

キッズアスリートは、「Jリーグ選手になりたい」「プロ野球選手になりたい」といった夢を持っていることでしょう。将来の目標とは、そのような大きな目標のことをいいます。

将来の目標を決めたら、次に、その目標に向かっていくための課題目標を決めていきます。「Jリーグ選手になる」という将来の目標を立てたら、日々の練習内容を課題目標として決めてしまうのです。「今週の課題目標」のような短期の目標にして毎週達成していくことで、目標達成を積み重ねていくと良いでしょう。

簡単ではないが達成可能な課題目標を設定する

スポーツだけに限ったことではありませんが、将来の目標は、本当に望むことであればどれだけ大きな夢のような目標でも構いません。しかし課題目標は、簡単ではなく、かつ達成可能な難易度のものが最適です。

簡単すぎる目標を立ててしまうと、それ以上の努力ができなくなってしまいます。しかしなかなか達成できない目標を立ててしまうと、達成感どころか敗北感を味わうことになり、モチベーションも下がってしまう懸念があります。

課題目標は、達成するには努力が必要で、しかし努力をすれば達成できる難易度のものを設定するのが良いでしょう。

具体的な目標を設定する

メンタル強化のために立てる目標は、具体的な内容にしましょう。

たとえば、将来の目標として「強い選手になる」を挙げる人もいるかもしれません。しかし「強い」だけでは少しぼんやりしていて、将来像を浮かべにくい可能性があります。「オリンピックで金メダルをとる」「全日本チームに入る」といった具体的な目標の方が、自分が将来ありたい姿をイメージしやすいでしょう。

課題目標も同様です。例として、「毎日練習をする」という目標を考えたとしましょう。「毎日練習する」というのは、もしかしたら具体的な目標と思われるかもしれません。しかし、この目標では具体的なことが決まっていないため、いざ練習をしようと思っても何をするか迷ってしまうこともあるでしょう。もし「毎日練習をする」という目標を設定するなら、「何時に、どこで、どのようなメニューで練習する」というところまで決めておくのが理想です。

自分で目標を設定する

高いモチベーションを持って目標を達成するためには、その目標が自分で考え、自分で決めたものであることが重要です。

時には子どもの立てた目標が親の考えと合わないこともあるかもしれませんが、まずは子どもが自分で考えた目標を認めて、ぜひその目標を達成しやすいように環境を整えてあげてください。そして、目標達成できたらぜひたくさん褒めてあげてください。

まとめ

今回は、子どものスポーツメンタルの強化のための目標設定方法をご紹介しました。目標達成を繰り返すことは自信につながり、その自信が試合本番でのメンタルの強さにつながります。子どもが自分で目標を決めて頑張れるように、サポートしてあげてくださいね。

関連記事

野球少年のメンタル強化は、目標の共有から
目標達成のための力を引き出すコーチング