Webライターとは?副業でできる?仕事内容や年収、仕事の探し方を解説

副業や在宅ワークとして人気が高まっているWebライターの仕事。「興味がある」「やってみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。当社、株式会社ウェブリックハウスでも数多くの記事制作案件を抱えており、たくさんのWebライターさんと契約しています。

この記事では、Webライターに興味があるという方向けに、Webライターの仕事内容やWebライターになる方法、報酬の決め方などの基本をご紹介します。

Webライターとは

インターネット上には様々な記事があります。ニュース、ブログ、インタビューや商品紹介など色々なタイプのものがあり、ニュース媒体やオウンドメディア(企業が自社で持っているメディア)などに掲載されています。

このようなWebサイト上の記事を制作する人をWebライターといい、またそういった記事の制作のことをWebライティングといいます。

Webライターになる方法

Webライターとして活躍している人たちの働き方は、実に様々。フリーランスとして独立を目指す人もいれば、会社員の人もいます。ここで、Webライターになる方法を大きく3つご紹介します。

方法1:Webライターとして社員になる

Webライティングのスキルや経験がない場合、自分で仕事を見つけるのは簡単なことではありません。その場合は、スキルを身に着けるために、ライティングの仕事を持っている企業の社員になるというのも1つの方法です。安定的に収入を得られる環境でまずは経験を積んで、いずれ独立するというのも良いでしょう。

方法2:Webライターを副業で始める

Webライターの仕事は、自宅やカフェなど場所を問わずどこででもできます。打ち合わせも、対面の場合もありますがオンラインで完結することも多いので、副業に向いていると言えるでしょう。会社員をしながらWebライターをしているという人は。とても多いです。

方法3:フリーのWebライターになる

フリーランスでWebライターとして活躍している人は、たくさんいます。ただし、同じフリーランスでも受けている仕事の内容や報酬は様々。人気のWebライターになると報酬も高く、常に仕事の依頼もたくさん届きますが、仕事が思うように見つからない人も多いというのが現状です。

もしあなたが会社を辞めて独立してフリーランスのWebライターになることを考えていなら、まずは副業で始め、軌道に乗ってから独立するという方法もおすすめです。

Webライターの仕事はどうやって見つける?

Webライターとは?副業でできる?仕事内容や仕事の受け方、年収をチェック!2

Webライターの仕事は本当にたくさんあります。当社にも、ありがたいことに多くのクライアント様からライティング案件の打診があり、常時Webライターさんを募集しています。

しかし、未経験や初心者の場合は仕事を見つけるが難しいかもしれません。そのような場合は、クラウドソーシングを利用して仕事を見つけているケースも多いようです。

Webライターの年収は?

Webライティングの仕事は、次のいずれかの方法で契約することが多いです。

– 文字単価(1文字◯円という契約)
– 記事単価(記事1本◯円という契約)

報酬は、ライターによって様々です。専門ライターや人気ライターであれば記事1本あたり数万円〜10万円以上、有名ライターはもっと高額になりますが、未経験の場合は報酬も低くなります。

クラウドソーシングでの募集案件は報酬の低いものが多いと言われていますが、高額案件の募集もあります。未経験や初心者の場合は、まずは低価格で引き受けて経験を積み、どんどん単価を上げていくという方法もおすすめです。

Webライターさん募集!

当社では、常時Webライターさんを募集しています。案件は、一般記事から専門記事まで様々。定期案件、スポット案件ともあります。ご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください

関連記事

WEBライターさん大募集!案件たくさんあります