野球少年のメンタル強化は、目標の共有から

これまではピッチャーをしている息子のサポートについてお伝えしてきましたが、もちろん強いメンタルが必要なのはピッチャーだけではありません。ピッチャーをしている息子ももちろん打席に立ちますし、投げない時は内野の守備についています。どんな場面でも、強いメンタルが大切なのは同じです。

では、野球少年のメンタルを強化するにはどうすれば良いのでしょうか。

野球少年のメンタル強化は、目標の共有から

野球少年のメンタルを強化するためには、何をすれば良いと思いますか?

世の中にはメンタルを強化する方法がたくさんあり、どれも本当によく考えられた良い方法だと思います。しかし、全ての方法が全ての選手に合うはずはもちろんないので、その選手に合った方法を探す必要があります。

ここで活用できるのが、コーチングの技術です。本当にメンタルを強化したいと思ったらメンタルコーチにつくのがベストですが、まずは家庭でできることもあります。

お子さんの「本当の」目標をきちんと聞いてあげる

お子さんの野球での目標を知っていますか?
「試合で活躍したい」「スタメンで出たい」「ヒットを打ちたい」「ピッチャーをやってみたい」
それって、本当にお子さんが思っていることですか?もしかしたら、親の願いがお子さんに刷り込まれてしまっていませんか?ぜひ一度お子さんとしっかり向き合って、「本当の」目標を聞いてみてあげてください。

たとえ自分の意に沿わなくても、お子さんが自分で決めた目標を応援してあげる

お子さんが自分で決めた目標は、得てして親の考えとは一致しないものです。親としては目標を大きく持ってほしいのに、お子さんが決めた目標がそうでなかったら、がっかりするかもしれません。でも、小学生が自分で目標を決めるだけでもすばらしいこと。まずはその目標を応援してみませんか?

暑い日も寒い日も、毎週末グラウンドで練習に明け暮れる野球少年たち。お友達はゲームをしたり鬼ごっこをしたりと自由な週末を過ごしているのに、彼らは泥んこになって厳しい練習を頑張っています。それだけでも本当に立派ですよね。そうやって頑張りながら見つけた目標を親が心から応援してあげたら、それだけでもきっとお子さんの自信につながるでしょう。

野球少年のメンタルを強化するために、まずは目標の共有から始めてみませんか?